2015年4月29日

美しい肌を守る日焼け止めの選び方④ ~よくある疑問をQ&A方式で~

投稿者: sentakubiyori_k

日焼け止めを選ぶときに気をつけたいこと④「よくある疑問をQ&A方式で解説」
最後は日焼け止めに関してよくあるご質問をQ&A方式でご紹介します。
Q.日焼け止めと化粧下地の違いは?
A.成分的に明確な違いはありません。化粧下地は紫外線を防止する成分に肌色や凹凸を補正する成分を含んでいることが多く、体には使いにくいことが多いようです。
ノンケミカル・SPF、PA値が条件を満たしていれば後はお好みでよいかと思います。
Q.パウダー状の日焼け止めってどうなの?
A.首や胸元、手の甲などの日常的な紫外線対策にうってつけです
パウダー状の日焼け止めは、そのまんま紫外線散乱剤です。
クリーム状の日焼け止めに比べて塗りやすく、べたつかないため首や胸元、手の甲などの日常的な紫外線対策に適しています。
ただ、服の襟にこすれたりすると簡単に落ちてしまうので、長時間屋外にいるときはクリーム状の日焼け止めと重ねる必要があります。
Q.美容成分入り日焼け止めの方がいいのでしょうか?
A.紫外線防止以外の、保湿、美白などの美容効果はあまり期待できないかと思います
日焼け止めに保湿成分や美白成分が含まれていることがありますが、ごく微量のことがほとんどです。美容効果は美容液やクリームに求めた方がよいと思います。美容成分30%以上配合などと高配合が謳われていることもありますが、日焼け止めには撥水剤として採用されやすいシリコーン油だったりすることも多いようです。「美容成分」の定義がけっこう曖昧なので難しい部分です。
Q.子ども用、敏感肌用なら肌に優しい?
A.一概にそうとも言えません
先の美容効果とも関連しますが、子ども用、敏感肌用という定義も実は曖昧です。
何をもって子ども用、敏感肌用と銘打つかはメーカーさんの自由です。
刺激をなるべく避けるという意味では、日焼け止めに限っては「紫外線吸収剤」に着目するのが良いと思います。
Q.屋内にいるとき、曇天のときは日焼け止めは不要?
A.UV-Aは雲やガラスを透過するため、美容面からはお顔の紫外線対策は必要です

UV-Aは肌表面に急激な変化を起こしませんが、真皮にまで到達するためしわやたるみ、しみの発生に深く関わっていると考えられています。美容面から考えるならば室内や曇天の場合でも紫外線対策が必要です。
Q.日傘、帽子を使えば顔に日焼け止めを塗らなくてもいい?
A.地表に降り注ぐ紫外線の6割ほどは散乱光によるものと考えられているため、日傘や帽子では十分な紫外線対策とはいえません

日傘や帽子は上から降り注ぐ(直射光)紫外線には有効ですが、地上に達する紫外線は散乱光によるものの方が量が多いので、十分な対策とはいえません。
【合わせて読んでみて!】
美しい肌を守る日焼け止めの選び方①~成分に着目する~
美しい肌を守る日焼け止めの選び方②~使いやすさに篭絡されない~
美しい肌を守る日焼け止めの選び方③~SPF値とPA値の意味を知る~