2015年10月17日

秋の肌不調を手当てする基本2ステップ

投稿者: sentakubiyori_k

bsCRI_IMG_6010.jpg
秋が深まってきましたね。
この時期はお肌の状態が良くないな~と感じることが増えてきます。
今日はその原因と対策を美容成分マニア、皮膚科学偏重の変態エステティシャン(職歴10年・生存34年)がご紹介します!
秋の肌不調の原因と対策
【原因】
湿度が急激に下がることにより、肌から抜ける水分量が増えるために起こる「水分不足乾燥」
【症状】
あらヤダ。なんだかお肌がしんなりして、カサカサしているわ~
ファンデのノリも悪い!!!
この老け顔…… 本当に私?!(特に仕事帰りに鏡やガラスに映った自分の姿にぎょっとする)
【対策】
●用意するもの
ピーリング効果のある洗顔料…フルーツ酸やグリコール酸などの酸か、パパインなどの酵素を含む洗顔料
水分保持力の高い美容成分を含む美容液…セラミドやセレブロシドなど細胞間脂質や類似成分が理想ですが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンでもよいです。ただし、ヒアルロン酸はペタペタするよ!!!
●方法
1.夜、クレンジングを終えたあと、ピーリング効果のある洗顔料を泡立ててたっぷり顔にのせて30秒~1分程放置する
※目の周りと唇のうえは避けて、鼻のうえとその周辺、顎はたっぷりめにのせるとさらにgood!
2.洗い流して水分をタオルで押さえるように除き、化粧水で肌を整えたあと、用意した美容液をたっぷりのせて両手の手のひらで顔を包み込み、浸透させる
※こんなに使っていいのかしら… と、ちょっと慄くくらい使ってみてください。標準目安使用量の2~3倍くらい、ダイナミックに
3.アラヤダ。翌朝、もっちもち
これを週2回から3回繰り返すと、お肌の調子が段々上向いてくるはず❤
まー、ちょっと真面目な話というか、専門的な話をしますと…
角質ケア効果のある洗顔料は、AHAなら最低3%以上は含まれていないと体感的に効果はないかと思います。
5%以上のものが理想です。
市販品だと、私が確認できているところでは11%のものが存在しますが、これはけっこうキツイ。相当強力な保湿剤が手元にあり、なおかつピーリング剤の扱いに慣れていないと、手を出さない方が無難かと。
酵素は市販のものは角質ケア効果は薄いわりに、洗浄力が強い傾向のものが多いので扱いにくいかもしれません。
角質ケアには「ピーリング」と「ゴマージュ」の2種類があるのですが、
ピーリング→化学的剥離
ゴマージュ→物理的剥離
です。
ちなみに、ご紹介した酸や酵素は化学的剥離で、物理的剥離はスクラブや粘土状のものでこそげ落とす方法です。
ゴマージュの方が、植物由来成分を使っているものが多いので何となく、肌にやさしそうなイメージがあるようですが、表面を傷つけるとともに、「こする、マッサージする」という過程で、肌の土台である真皮のコラーゲンやエラスチンを大いに傷める可能性があるので、お顔にはあまり向きません。
角質が厚くなりやすく、しわやたるみへのアプローチを気にしないで良いボディ向きの手法です。
年齢を重ねると肌の生まれ変わりに時間がかかるようになり、余分な角質が表面にたまります。
角質が厚くなると、化粧品の美容成分の浸透が悪くなるので、どんなにスバラシイ化粧品を使っていても、美容効果が低下してしまいます。
ピーリングは角質を薄くするだけでなく、メラニンの排出を促し、真皮のコラーゲンの産生促進効果があること分かっています。最も基本的かつ、効果的な美容ケアのひとつです。
水分保持効果の高い美容液なり化粧水がないと、肌がカッサカサになるけどね!!!
——————–
んなこと言ったって、星の数ほどある化粧品から何を選んでいいか分からんよ!!!
そんな方は、私めにお任せを❤
詳細なカウンセリングから、あなたにぴったりの基礎化粧品を10メーカー30製品以上から組み合わせてご提案しています。
基礎化粧品のメールオーダーはこちら