2017年6月8日

【サロン用コスメの成分を考察】資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV

投稿者: sentakubiyori_k

資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml【医薬部外品】 -
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml【医薬部外品】 –
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml 【医薬部外品】
2,462円

※2017年6月amazonでの価格
※参考価格6,480円
amazon「育毛・養毛・増毛」カテゴリ ベストセラー1位の実力やいかに
使っている人も、お勧めしている人もかなり多そうな商品なのでなんとなくプレッシャーを感じますが、いつもどおり成分見て行きます。
有効成分:
アデノシン
ニンジンエキス
クジン抽出液
β-グリチルレチン酸
パントテニールエチルエーテル
酢酸DL-α-トコフェロール
その他の成分:
アシタバエキス
レイシエキス
オノニスエキス
シソエキス(1)
ホップエキス
サンショウエキス
デシルテトラデシルジメチルアミンオキシド液
イソステアリルアルコール
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
エタノール
精製水、
ジプロピレングリコール
ソルビット液
1,3-ブチレングリコール
I-メントール、
無水エタノール
ラウリル硫酸ナトリウム、
DL-リンゴ酸
ビニルピロリドン・N,Nジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液
前回紹介した リンレン 薬用 スカルプエッセンス ミント&レモン同様、医薬部外品、薬用化粧品ですね。
医薬部外品と化粧品の定義上の違い、実際に性能に違いがあるかどうかは下記ページにまとめてあります。

有効成分の「ニンジンエキス」「クジン抽出液」「酢酸DL-α-トコフェロール」はいずれも血行促進作用を持つ成分、「β-グリチルレチン酸」は最早おなじみの抗炎症作用。「パントテニールエチルエーテル」はビタミンB5誘導体ですね。(発毛に関わる酵素を活性化するとか…)
注目はやはり「アデノシン」ではないでしょうか。
奥深く毛乳頭まで浸透し、発毛促進因子FGF-7の産生を高めて発毛を促すという成分です。
これだけ見ると、「すっげー効きそう!!」な成分なんですけれど、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が協同で行った脱毛症治療の有効性をあらわす5段階評価のガイドラインでは、C1評価。
「考慮してもよいが、十分な根拠がない」です。
ちなみにA(強く勧められる)を獲得しているのは、医薬品AGA(※男性に限る)とミノキシジル。
効果はあるが、副作用の懸念もあるのが医薬品。特定の効果は表記できるが、副作用の心配がないのが医薬部外品。効果表記はできないが実態はさまざまなのが化粧品。
ですので、医薬品を同列にあげて比較するのはナンセンスでしょうね。
手元で商品を見ているわけではないので、表記されている効果が確認できないのですが、
恐らく、医薬部外品の頭髪用化粧品ですので、「毛髪・頭皮をすこやかに保つ」か「毛髪をしなやかにする」のどちらかかと。
「毛が生える」「育毛」「増毛」「養毛」とは表記できないのです。
そういう効果は認められていないのですよね。
しかしながら、医薬部外品としては非常に良く出来上がっているのではないかと思います。
「毛を生やしてやる!!」という強い意気込みを感じます。
血行促進成分が多いので、産後の女性の薄毛や年齢を重ねた女性の頭皮ケアにも適していると思いますが、エタノール(揮発性により爽快感を作るが、乾燥させる)が含まれていることと、保湿成分が非常に弱いので乾燥型頭皮の方には向かないかもしれません。刺激が強いと思います。
男性は女性に比べると圧倒的に皮脂量が多いので、どなたも使えるはずです。
男性の場合、薄毛が気になりはじめてから、というよりは二十代後半頃から予防的ケアとして使い始めるほうが向いています。

成分的にどうというより、遥かに気になるのは、こんなに安く出回っていることですかねー……
日本最大級の美容・エステサロン向け商品の卸問屋さんと取引があるのですが、そちらの卸値よりもamazonさんの価格がお安いの。
安いということは消費者にとっては喜ばしいこととは思うんですけれども、安いものには必ず背景があるんですよね。
安い理由はいろいろ考えられると思うんですが、消費者が損をする可能性がある理由を挙げるとすれば、「大量仕入れにより、古い商品が売られている」こと。
化粧品は通常未開封であれば3年は品質が保たれるようになっていますが、メーカーではない販売者が3年以上経過した商品を売っても咎を受ける仕組みはないんですよね。お客様も分からないと思うし。
職業柄、メーカーと直接取引もしますし、卸からも仕入れますが、メーカー直の方が商品は新しいことが多いです。長くずっと扱っている商品だと、製造番号で分かるんですよね…。
劣化した化粧品(もちろん医薬部外品でも)は、思わぬトラブルを引き起こす可能性がないわけではないし、何より、意図された効果効能が発揮できないこともあると思います。
そして、きちんとしたところから購入していないと、トラブルがあった場合の相談窓口が複雑になり、適切なサポートを受けられないこともあります。このような事情から、最近のメーカーさんはネット販売を禁止しているところも少なくありません。
件の大手卸問屋さんも、カウンセリングなしでのネット販売は基本的に禁止しているくらいです。
ネットで安く化粧品を買うには、ある程度自己責任がついて回ることも認識しておいた方がよいかもしれません。
まー、amazonさんに関して言えば心配ないでしょうね。
注文の量がハンパないと思うので、稼働率が高いはず。
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml【医薬部外品】 -
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV 180ml【医薬部外品】 –
おう、レフィルもあるのか。
これはお得ですね。
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV レフィル 480ml【医薬部外品】 -
資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV レフィル 480ml【医薬部外品】 –
amazonさんでお買い物の際は、ぜひ私めのリンクを通ってどうぞ!
化粧品や美容機器などエステティシャンの専門領域にあるもので、ブログで取り上げていない商品であれば半期に一度こうしてなんとなく考察します。
いただいた報酬は化粧品の試用に役立てています。
いつもありがとうございます。